スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレッフィマンダマンムー

思考整理も兼ねて少し思考開示

klefki.gifsalamence-mega.gifmamoswine-f.gif

型については【S16最終2120】壁クレッフィマンダ -Exterminate-を参照

立ち回りを磨けば壁クレッフィ展開が苦手とする相手の多くを、この並びだけで誤魔化すことができる。マンムーの耐性だけでなく、氷柱針(連続技)、氷の礫(先制技)という要素がクレッフィの苦手な部分を補ってくれている。クレッフィで壁展開しつつ特殊方面に対してはマンムーをクッションにし、物理方面をマンダで起点にして相手のサイクルに負担をかけていくという動きが基本。

対応できないのはカバラグ展開とヒトムとミトム。
他にはポリゴン2やナットレイ、クレセリア等の物理受けがサイクルの中で回復してくると厳しい。
スイクンやマンムー、両刀バシャーモあたりのポケモンも一貫をとられやすいため重い。

これらのポケモンが入ってくる構築に対してどう選出して対応するか、ということを意識して構築作りをしたい。


ORAS最後のシーズン17は8月末の大学院試までは勉強に専念しようと思うので、ポケモンは控えめに。9月からガッツリ潜りたいと思う。


P.S. シーズン16最終日の対戦の模様を動画化しました。よかったらどうぞ!

スポンサーサイト

【S16最終2120】壁クレッフィマンダ -Exterminate-

S16cardex.png

クレッフィの壁展開によって裏のアタッカーの耐久を底上げし、有利なサイクルを回しつつ火力で押し切ることを主眼に置いた構築。個々の対面性能やギミックに依存した積みよりも攻撃面、防御面での相性補完を重視しているため、壁というジャンルの中では比較的サイクル色が強い構築であると考えている。


<構築経緯>
自身のS13使用構築を改良した。大きな変更点は以下の通り。
・「ホルード」の枠を「マンムー」に変更
・ローブシンの持ち物を「弱点保険」から「ラムの実」に変更
・ローブシンの特性を「根性」から「鉄の拳」に変更
・ゲンガーの調整を「CSベース」から「HSベース」に変更
他にも一部ポケモンの調整を見直した。


<個別解説>

salamence-mega.gif
ボーマンダ@ボーマンダナイト/威嚇→スカイスキン
171-205-100-*-100-152 (メガシンカ前)
171-216-150-*-110-172 (メガシンカ後)
恩返し/空元気/地震/竜の舞

構築のエース。壁+威嚇+高い物理耐久により広い範囲を起点にして舞い、無効タイプのないスカイスキン恩返しで制圧する。舞った後に浮いていない電気ポケモンや鋼ポケモンで止まらないために地震を、ファイアローの鬼火に受け出して火力を上げるために空元気を採用している。限られた壁ターンの中で圧力をかけることを重視し、羽休め、身代わり等の有用な補助技を切って攻撃技3つの構成とした。調整は1舞で上から高火力で殴ることに特化させたASベース。
展開要員であるクレッフィとの相性補完に優れていて、一貫するタイプが電気、ゴースト、鋼のみとなっている。よって拘りアイテムを持つガブリアスやサザンドラ等のポケモンに対して一貫を取られづらくなり、有利に試合を展開できる。


473.gif
マンムー@突撃チョッキ/厚い脂肪
191-200-101-*-106-101
地震/氷柱針/氷の礫/地割れ

他のメンバーが苦手とするボルトロス、ウルガモス、ニンフィア等のポケモンに対して壁+チョッキの高い特殊耐久によって後出しし、地震、氷柱針といった物理技で処理するポケモン。剣の舞を積んだガブリアスをクレッフィのイカサマと合わせて氷の礫で安全に処理する役割も担っている。また、受けループや小さくなるピクシー、その他高耐久ポケモン全般に対しての誤魔化しとして地割れを採用している。調整は以上の役割を遂行するためにADベース。
今季は非常にガルーラ+クレセリア+ウルガモス+ガブリアス+ボルトロス+ゲンガーのような並びが多く、こちらのゲンガーでガルーラやクレセリアを処理できればこのチョッキマンムーが一貫する試合が多かったため、比較的環境に刺さっていたと感じた。構築の中で一番渋いポジションではあったが、選出率も高く勝利に確実に貢献していた。


conkeldurr.gif
ローブシン@ラムの実/鉄の拳
207-206-118-*-86-72
ドレインパンチ/マッハパンチ/叩き落す/ビルドアップ

壁下でビルドアップを積み、ドレインパンチで回復しつつ殴っていくポケモン。ニンフィアやサーナイト等の特殊フェアリーやボーマンダといったポケモンには手も足も出ないが、そういったポケモンがおらず格闘技の通りがいい時は積極的に選出した。特性を鉄の拳とすることで、ドレインパンチとマッハパンチの威力が上がり、ガルーラやガブリアスに対しての安定性が上がった。ラムの実の採用は、状態異常による事故を防ぎ対ゲンガー性能を上げるほか、構築上重いカバルドンの欠伸展開に対する対抗策にもなった。叩き落すはゴツゴツメット等のダメージを1回に抑えたり、カゴの実やオボンの実、食べ残し等のやっかいな持ち物を無効化したりするサブウェポンとして有用だった。調整はHAベースでSを4振り50族抜きまで振った。これによってほとんどのカバルドンを抜け、またマリルリやクチート等の物理フェアリーに対しても相手の調整次第でワンチャンス掴めるようになった。
基本的にゲンガーと同時選出することが多いが、ガルーラ+クレセリア+サザンドラorガブリアスのような構築に対しては、ボーマンダと一緒に選出してクレセリアに役割集中を仕掛けたり、相手のボルトロス以外に対してローブシンが有利という場合はマンムーや霊獣ボルトロスとの同時選出を仕掛けたりするなど、このポケモンが刺さっている構築に対しては選出の幅を広くもてる。


094-mega.gif
ゲンガー@ゲンガナイト/浮遊→影踏み
159-*-82-157-96-178 (メガシンカ前)
159-*-102-197-116-200 (メガシンカ後)
祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/身代わり

壁下での鬼火やクレッフィの撒いた電磁波によって身代わりを残しつつ、祟り目で圧力をかけるポケモン。相手のフェアリーポケモンが全般的に重いのと、命中安定で高火力、追加効果の毒も期待できることからヘドロ爆弾を採用した。調整はHSベースにし、A200逆鱗を確定で耐えるところまで耐久に振り、残りをCに回した。以前はCSベースだったが、この変更により非常に場持ちが良くなり、活躍する機会が増えた。
裏のメガ枠ということでボーマンダの通りが良くない時に選出を検討することが多いが、カバルドン展開に対しては積極的にゲンガーを合わせ、鬼火と身代わりで誤魔化す。


642-therian.gif
霊獣ボルトロス@オボンの実/蓄電
172-*-92-177-100-168 (実数値理想-1)
10万ボルト/目覚めるパワー氷/気合玉/悪巧み

蓄電によって電気の一貫を切りつつ、悪巧みを積んで広い攻撃範囲で殴る特殊アタッカー。メインウェポンの10万ボルトによって役割対象であるスイクンなどの耐久水や相手の化身ボルトロス、サンダー、ウォッシュロトムを、目覚めるパワー氷によってランドロスやグライオン、ジャローダ、ボーマンダ、チルタリス等を、気合玉によってナットレイやヒートロトムなどのポケモンを対処可能。鋼の一貫を切れる貴重な枠なので、メガハッサム入りに対しても積極的に選出したい。
ガルーラ+ガブリアスのような対面的な並びに対してはボーマンダで刺しにいくため、弱点保険高速移動型ではなくサイクル構築を崩しやすい最速悪巧み型を選択した。HとBはA200逆鱗を最高乱数以外耐えるところまで振り、残りをCに割いた。


klefki.gif
クレッフィ@光の粘土/悪戯心
164-*-147-*-117-95
リフレクター/光の壁/電磁波/イカサマ

この構築の展開要員で、裏のアタッカーを壁と電磁波でサポートする。悪戯心によって先制で壁や電磁波を展開できるので、不意のスカーフ持ちに強く、耐性が優秀なため先制技にたいしてもある程度の行動保証を持てる。クレッフィを切って裏のポケモンを安全に展開するか、クッションや再展開のために残しておくか等、このポケモンの取り扱いが試合の展開を左右する。
調整はHBベースで、Dを壁込みでC211晴れ火炎放射を耐えるまで割いている。この調整が活きることは少なかったが、気持ちリザードン入りに対し初手で出しやすくなった。初手でリザードンやバシャーモといった炎ポケモンと対峙した場合は、型を並びから読んで決め打つか、それができなければ裏で最低限ケアできる行動をとる。


<基本選出>
クレッフィ@2
相手のパーティーに誰が刺さっているかを意識して2体目を決め、その2体目が苦手なポケモンをどうケアするか、受けポケモンに役割集中を仕掛けるか、クレッフィを起点にしてくるポケモンをどう対処するか等を意識して3体目を決める。
クレッフィは基本的に初手に投げるが、起点にされそう、または展開が阻害されそうな場合(サーナイトやカバルドン展開等)は後続に置く。
また、アタッカー3体で攻めないと崩せない構築(受けループやメタモン入り等)に対してはクレッフィを出さずに戦う。


<結果>
最終レート2120
最終順位80位

S16cap.jpg

S16の2120

対戦してくださった方々、応援してくださった方々、ありがとうございました。
3シーズンぶりの2100達成、そして自己最高レートを更新できて嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。