【第6回あめおふ!3位】ガルクレセウルガ、毒クレッフィを添えて

trainercard-kagipoke.png

<構築経緯>
今まで使ってきた並びではトップメタとして本格的に台頭してきたガルクレセウルガの並びが崩せず、逆に簡単に崩されてしまうということに頭を悩ませていた。壁(クレッフィ+メガリザX)やステロ(ガブリアス+ゲンガー)などのギミックを絡めたウルガモスに対するメタ構築をシーズン終了後に考察していたが上手くまとまらなかったため、自分自身がガルクレセウルガを使い、メタを張られる側に回って勝負しようと考えた。

ガルクレセのようなスタンパを使うのは久々で不安だったため、自分が最も性質を理解していてかつガルクレセとの相性もいいクレッフィを4枠目に採用した。この構築でクレッフィに求める役割は確実な耐久崩しだったため、それを満たす残飯毒守型を採用した。これによってガルクレセウルガに一貫してしまうゲッコウガやサザンドラの悪技や、ガブリアスやカイリューの龍技の一貫を切りつつ、基本選出でウルガモスが担っている崩しを毒守によって擬似的に務めることが出来るようになった。最後に補完としてウォッシュロトムとガブリアスを採用した。
115.png488.png637.png707.png479wash.png445.png

<個別解説>
kangaskhan-mega.gif
ガルーラ@ガルーラナイト/肝っ玉→親子愛
181(4)-147(252)-100-*-100-156(252+)
捨て身タックル/猫騙し/地震/冷凍パンチ

最強のポケモン。対面で見れる範囲が広くかつ裏のクレセリアやクレッフィの毒との相性を重視した陽気猫捨身型。鋼への打点として地震の他に炎のパンチを採用したかったが、相手のガブリアスやカイリューに隙を見せないため、常に2割の勝ち筋を拾える冷凍パンチを採用した。


garchomp-f.gif
ガブリアス@拘りスカーフ/鮫肌
183-182(252)-116(4)-*-105-169(252+)
地震/逆鱗/岩雪崩/炎の牙

相手のガブリアスに対する勝率を少しでも上げるための陽気スカーフ型。炎の牙はナットハッサムに対する抵抗。多くのポケモンを上から殴れ、クレセリアを選出しない時の疑似的なゴツメにもなる強力なポケモン。持ち物は崩しを担うための気合の襷や拘り鉢巻なども一考の余地がある。


cresselia.gif
クレセリア@ゴツゴツメット/浮遊
227(252)-*-189(252+)-96(4)-148-105 ※実際に使用したD個体値26の数値
サイコキネシス/冷凍ビーム/毒々/月の光

ガルーラとの相性がいい数値受け。相手を毒で崩す展開に持ち込みたいので電磁波を採用せず、相手のバシャーモやガブリアスに隙を見せないためにサイコキネシスと冷凍ビームの2Wを両採用した。


637.gif
ウルガモス@ラムの実/虫の知らせ
175(116)-*-86(4)-176(164)-133(60)-155(164+)
火炎放射/虫のさざめき/身代わり/蝶の舞

ラム身代わりウルガモス - M@gic hourを参考にさせていただいた。考案者のじるさんには感謝している。
耐久崩し。ラムの実+身代わりで状態異常にめっぽう強い。Sを意地っ張りガブリアス抜きまで割いていて1舞知らせさざめきでガブリアスを突破できるため意地っ張りスカーフガブリアスでウルガモスを見ている構築はこのポケモン1体で壊滅させることが出来る。


479wash.gif
ウォッシュロトム@オボンの実/浮遊
157(252)-*-174(252+)-125-128(4)-106
10万ボルト/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ/鬼火

他のポケモンが辛いマリルリやファイアローといったポケモンに抗うための駒。その役割を重視し、高火力やトリックで崩しを狙える拘り眼鏡型ではなく、後出し回数を確保するための図太いオボン型で採用した。


klefki.gif
クレッフィ@食べ残し/悪戯心
161(228)-*-115(28)-*-152(252+)-95
守る/身代わり/毒々/イカサマ

第2の崩し役。こちらのガルーラに対して出てくる相手のクレセリアや、こちらのクレセリアに対して出てくるゲッコウガ等の特殊悪タイプに投げ、電磁波読みで出てくるボルトロスやガブリアスに毒々を打ち込んで削るという動きが基本。それ以外にも、こちらのクレセリアで撒いた毒を使って身代わり守るをするといった動きもできるため、ガルクレセとの相性が非常に良い。毒の一貫がある構築=鋼タイプとゲンガーがいない構築に対して非常に刺さり、鋼タイプやゲンガーに対してはウルガモスが強いという崩し同士の補完関係もある。ロックブラストや氷柱針といった連続技に対しての耐性や、相手の毒に対する耐性がある点でボルトロスより優れている。

<基本選出>
ガルクレセ@1
ガルガブ@1

オフ当日12試合での選出
ガルクレセウルガ(4回)
ガルクレセクレッフィ(3回)
ガルガブクレッフィ(4回)
ガルガブミトム(1回)

<結果と感想>
第6回あめおふ! 予選ブロック6勝2敗(ねねっちブロック1位)
決勝トーナメント3勝1敗 3位

ガルクレセに関する知識と経験の不足や、構築の完成度に対する不安はあったが、今までの対戦オフの中で一番いい成績を収められたことは素直にうれしい。サンムーンでは一つの構築に固執せず、メタを張る側、張られる側どちらの構築も扱えるようになりたいと考えている。

<謝辞>
主催のくらぴょんさんをはじめとするあめおふ!運営陣の方々、対戦してくださった方々、お話しさせていただいた方々、本当にありがとうございました。
また、オフ当日行動を共にしてくれたローラーさん、ありがとうございました。準優勝おめでとう!