スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三か月ぶりのレート対戦

最近はシャドウバースという別のゲームにのめり込んでいる上にリアルも忙しいので、準備に時間のかかるポケモンにはなかなか手を付けられていなかった。対戦しなければどういう環境なのかも把握できないし、当然頭の中で構築を考えることも出来ない。

そんな中、シャドバのナーフ発表前日、そして大雪で次の日の午前休めそうという絶妙に暇なタイミングで、レート最終日の盛り上がるTLを見たためポケモン対戦モチベが急上昇した。急遽キーストーンとミミッキュZを回収、ポケモンを輸送して18戦ほど対戦した。結果は13勝5敗でレート1636。(画像は開幕7連勝時のもの)

rapture_20180123004748.jpg

1600帯までしか行けていない少ない対戦数ではあるが、サンムーン期に強かったポケモン、強かった構築のタイプは相変わらず強く、その点では大きな環境の変化はないのかなと感じた。(弱体化されたポケモンや技や特性はないので当たり前か。)強いて言うならアーゴヨンが追加されたくらい。あとは元から強かったミミッキュがさらに強くなってしまった。

また、追加効果や急所、命中率、眠りターン、連続技のヒット数といったランダム要素が各所に散りばめられていて、お互いの動きが決まっていても実際に対戦してみないと勝敗がわからないことがある、というところにポケモン対戦のゲームとしての面白さを感じた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。