スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BattleFrontier 感想

bf000152.png

使用構築
・DLポリ2 生意気Hcd
恩返し れいビ シャドボ トリル
・メガクチ 意地AS
じゃれ 叩き 不意 剣舞
・GZミミ 意地AS
シャドクロ じゃれ 影 剣舞
・襷激流ゲッコ 控えめCS
熱湯 悪波 蜻蛉 手裏剣
・リザX 陽気AS
フレドラ 逆鱗 ニトチャ 剣舞
・マゴコケコ 臆病cdS
10万 めざ氷 ボルチェン 瞑想

構築経緯
一番腐りにくく個人的に使いやすいと思っている剣舞ゴーストzミミッキュから組み始め
ゴーストzミミッキュが舞う起点になり得る低速鋼を呼べる駒としてクチートを採用
初手要員として単体性能の高い襷枠で対面操作もできる襷激流蜻蛉ゲッコウガを採用
クチートを通すためのトリルポリ2。瞑想コケコやレヒレ、ゲッコウガなど特殊を意識した生意気両刀HD
残りの2枠は受け構築を崩す駒で、ミラーなどにも刺していきたいコケコ
コケコやゲンガーが重くなりがちなのでリザX

結果
スイスドロー5連敗からの3連勝
2敗は相手のガルーラ軸に対する択負け
2敗は有利な状況から詰め筋を間違えたプレミ負け
1敗は放射2回で焼けた負け

選出は
ゲコミミクチが6回(2勝4敗)、ポリクチミミが1回(1敗)、リザポリミミが1回(1勝)
ミミッキュは全試合で選出した一方でコケコは選出できなかった

感想
約1年ぶりに出たポケモンのオフは楽しかったので今後もまた機会があれば出たいが、明らかに練度不足(レート20戦)を感じたため次に出る際にはしっかり練習してから出ようと思った。

特に今回に関して、選出パターンが極端に偏ってしまっているのは迷った末によくわからないのでやむなく無難な基本選出をしたという感じだったので、最低限6体全ての選出圧力を含む性質やダメージ感覚を理解するまでは練習したい。

大会では運営陣の影響で母数が多いのもあるだろうがカバマンダ系統の活躍が目立っていた。使用者自らが難度の高い構築であることを言っていたので、練習に時間が割けなかった今回は敬遠したが、少し使いたいと思った。

謝辞
対戦してくださった方々、話してくださった方々、主催および運営の方々ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。