スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S13使用構築】クレッフィマンダ壁展開【最高最終2113】

S13card.png

クレッフィの壁展開から裏のポケモンの火力を押し付けることに主眼を置いた構築。


<構築経緯>
第2回さいはてオフで使用した構築の使用感が良かったため、この構築をベースに改良を加えてS13を戦おうと思った。クレッフィ、ボーマンダ、ゲンガー、ローブシンの軸は変えずに回しながら試行錯誤した結果、マンムーの枠がホルードに、化身ボルトロスの枠が霊獣ボルトロスに落ち着いた。


<個別解説>

salamence-mega.gif
ボーマンダ@ボーマンダナイト/威嚇→スカイスキン
171-205-100-*-100-152 (メガシンカ前)
171-216-150-*-110-172 (メガシンカ後)
恩返し/空元気/地震/竜の舞

壁下で舞うことが勝ちに直結するポケモン。1舞で陽気スカーフガブリアスを抜かす素早さと、203メガガルーラを確定で落とす火力を得るため、飛行技の通りがいい相手に対しては1度舞ったらそのまま3タテということもしばしばあった。物理耐久が高いため、メガガルーラの猫騙しや不意打ちなどで縛られにくい点も優秀。冷凍ビーム、冷凍パンチ等の氷技を受けながら舞わなくてはいけない試合も多くあったため、急所や追加効果が負けに直結するということが多かったのが難点。

クレッフィとの相性補完が優れているため、壁の効果も含めて並びに負担がかかりにくく、特に物理相手には威嚇込みで広く起点にすることができる。



660.gif
ホルード@突撃チョッキ/力持ち
175-118-98-*-114-99
恩返し/地震/電光石火/蜻蛉返り

着想および配分はワジャイナさんのブログから。ボルトロス等の電気ポケモンや、クレッフィを起点にしてくるニンフィアやウルガモス等の特殊積みポケモンに後出しし、対処するチョッキ地面枠。ボーマンダの飛行、地面の範囲を半減以下に抑えてくるボルトロス、サンダー、ロトムのようなポケモンに対して一貫性の高いノーマル技である恩返しを打てる上に、特性の力持ちによって火力補正アイテムを持たせたような火力が出るため、有利対面から相手の構築に大きな負荷をかけることが出来た。電光石火も終盤の詰め筋として使えるため、使い勝手が良かった。

有利対面で相手のクレセリア等への交換が読める場合は蜻蛉返りで負荷をかけつつボーマンダの起点にするといった動きも優秀だった(ホルードの蜻蛉返り+ボーマンダの2舞恩返しでクレセリアが確定)。壁のターンを無駄にすることなくクッション、負荷かけ、対面操作などの仕事を同時に出来たため、構築にマッチしてると感じた。



conkeldurr.gif
ローブシン@弱点保険/根性
199-202-136-*-86-66
ドレインパンチ/マッハパンチ/はたき落す/ビルドアップ

配分はビーンさんのブログから。構築全体で重いマンムーやポリゴン2などのポケモンに強く、かつ汎用性の高い壁下で積むエースとして採用。ほとんどの物理ポケモンを起点にすることができる性能を持ち、上からビルドアップを積めるようになるためクレッフィの電磁波とも相性が良い。特性根性により状態異常耐性がある点、弱点保険によってクレセリアやファイアロー、クチートなどといった本来ローブシンが圧倒的不利をとる相手を逆に起点にしうる点が非常に優秀だと感じた。ポリゴン2+クチートの並びやガルーラ+ファイアローの並び、ガルーラ+クレセリアの並びなど、前述のポケモンでローブシンを見る構築に対して選出して展開出来れば楽に勝てることが多かった。

ただし、サーナイトやニンフィア、チルタリスといった特殊フェアリーや、メガボーマンダに対してはビルドアップや弱点保険があっても止まってしまうため、そういったポケモンがいる場合は極力選出を控えた。



094-mega.gif
ゲンガー@ゲンガナイト/浮遊→影踏み
135-*-81-182-95-178 (メガシンカ前)
135-*-101-222-115-200 (メガシンカ後)
祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/身代わり

汎用性が高く、構築で辛いところを見れる第二のメガシンカ枠。祟り目はクレッフィの電磁波とも相性が良く、壁で耐久を補強しつつ状態異常を撒きながら上から高火力で殴るという動きは単純に強い。特性の影踏みによって、裏のローブシンや霊獣ボルトロスが苦手なポケモンをキャッチし1-1交換して、ローブシンや霊獣ボルトロスで全抜きという展開や、ゲンガーで相手の物理ポケモンに鬼火を入れ、裏のローブシンの起点にするという展開もできるため、非常に幅広く活躍できる。

また、構築全体で辛い欠伸展開に対しては、ステルスロックに合わせて鬼火を入れてから、欠伸を身代わりで透かし、祟り目で削ることによって、展開要員を比較的安全に処理できる。



642-therian.gif
霊獣ボルトロス@オボンの実/蓄電
172-*-89-180-100-168 (B理想-1)
10万ボルト/目覚めるパワー氷/気合玉/悪巧み

クレッフィボーマンダの並びできつい化身ボルトロスやスイクンなどといったポケモンに後出しして悪巧みを積み、広い技範囲を打ち分け負荷をかけていくポケモン。前回の構築ではこの枠は化身ボルトロスだったが、特性蓄電によって対電気ポケモン性能を、種族値によって耐久および火力の数値を高めることに成功した。襷ガブリアスの上をとれなくなってしまうこと、ガブリアスがスカーフ持ちかどうかの判定が出来なくなってしまうことが化身と比べた際の一番大きな難点である。気合玉の採用によってナットレイやメガリザードンXなどで止まらなくなるなど、見れる範囲が格段に広がり、受け回し構築に対しては有利対面をつくればこのポケモン1体で切り崩していけた。

メガガルーラの上から気合玉を打ちたいため最速。火力はC2段階上昇10万ボルトで184-100化身ボルトロスを最低乱数以外1発、C2段階上昇気合玉で192-115輝石ポリゴン2を最低乱数以外1発という水準を確保し、HPをオボンの実の回復効率が良い4nといった配分である。



klefki.gif
クレッフィ@光の粘土/悪戯心
164-*-147-*-117-95
リフレクター/光の壁/電磁波/イカサマ

特性悪戯心と優秀な耐性により行動が保証されやすい展開要員。初手に繰り出して両壁展開をするのが基本の動きだが、HPが残っていれば再展開や電磁波撒きのために残しておいたり、片方の壁だけ張って裏に引いたりといった行動も選択肢に入る。

調整はHB基調で、Dを臆病メガリザードンYの晴れ火炎放射耐えラインまで振った。正しく壁を張ることが出来ればほとんどの攻撃を1発は耐えてくれるため、ほぼすべての対戦で選出して先発を任せた。


<基本選出>
・クレッフィ+ボーマンダ+(霊獣ボルトロスorホルード)
ボーマンダの苦手な電気ポケモンに対してホルードと霊獣ボルトロスを後投げしてから間に合うようだったらこの選出。相手にニンフィア、ウルガモス、ライコウ等の特殊積みポケモンがいる場合にはホルードの選出が優先される。これらのポケモンがおらず、霊獣ボルトロスの通りがいいときは霊獣ボルトロスを積極的に出していきたい。

・クレッフィ+ローブシン+ゲンガー
ローブシンが通せそうな場合にはこの選出。ローブシンが苦手な相手をゲンガーで持っていくことを優先する。


<感想>
多くの相手に対してクレッフィ@2という壁を絡めた選出をすることが出来たため、初手から圧倒的な不利対面をとってしまい後手後手になるということが少なかった点が良かった。

どのポケモンを通していけるか、特定の重いポケモンで詰まないようにするにはどのポケモンを連れていけばいいかということに注意して残り2体を選出すればいいので、かなり気持ちに余裕をもって選出時間を使えた。その点で新規採用したホルード、霊獣ボルトロスの対応範囲は、うまく構築の穴を埋めてくれた。

壁下で相手の攻撃を受けつつ積んで殴るというコンセプト上、どうしても追加効果や急所が痛手になってしまう機会が多くなってしまう。しかし追加効果や急所を引かなかったら勝てるという試合を続けていければ、いつか連勝できるタイミングが来るため、低い確率を引いて負けてしまってもめげずに対戦数を重ねられたのが結果に繋がったと思う。


<結果>
最高&最終レート 2113
最終順位 85位

S13cap.jpg

2113.jpg

対戦してくださった方々、応援してくださった方々、ありがとうございました。
目標だった2100に乗せられて非常に嬉しいです。

コメント

レート2100越えおめでとうございます!
質問なのですが、このパーティでは一般的な襷ガッサはどのように処理されているのでしょうか?

2016/01/21 (Thu) 07:31 | 壁好き #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

ありがとうございます。
ボーマンダ、霊獣ボルトロス、ゲンガーは上から殴れて襷圏内に入れられる、
ローブシン、ホルードは先制技で襷を削れる、(ホルードはマッパで削られるので相手にしたくない)
そしてクレッフィはリフレクター→マッパ受ける→電磁波という感じで対処可能なので、そこまで辛く感じませんでした。
全員対面から何かしら負荷をかけることができるので、うまく組み合わせて処理しましょう。
ただ、こちらのメガ2体がキノガッサに強いからか、あまり選出はされませんでしたね。

> レート2100越えおめでとうございます!
> 質問なのですが、このパーティでは一般的な襷ガッサはどのように処理されているのでしょうか?

2016/01/22 (Fri) 02:07 | かぎぱん #- | URL | 編集

確かにクレッフィゲンガーボルトマンダ辺りで組み合わせればもし選出されても比較的に楽に相手できそうです!
これからも応援してます!ありがとうございました!

2016/01/22 (Fri) 09:41 | 壁好き #- | URL | 編集

初めまして
動画もいつも楽しく見させてもらってます
質問なのですがレパルガッサに対してはどのような立ち回りをするのか教えてください

2016/01/22 (Fri) 13:47 | 名無しさん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

はじめまして、ありがとうございます。

レパルガッサは数的に構築単位で切ってしまっているので、安定して勝てる立ち回りはありません。
ローブシンを初手に出して胞子で眠らせる→身代わりおかれて眠りターン消費→ホルードバック→眠らされてなんやかんやされる→蜻蛉返りで身代わりを壊しつつ寝てるローブシンに返る→起きて身代わりを壊す…
といった感じでレパルダスを少しずつ削ることは可能かなと思います。また、初手TODして胞子とイカサマとの択に持ち込むということもできるかもしれません。
ただ、草ポケモンやラム、カゴ等の胞子対策を用意していない以上、一方的に嵌められてしまうので厳しい戦いです。
以勝てる可能性は少しはあるのですが、時間がかかる割に勝率は低いと思うので、S13で1回だけ当たった時にはマッチング運が悪かったと割り切り、レパルダスを見た瞬間に初手降参して次の対戦に切り替えていました。

> 初めまして
> 動画もいつも楽しく見させてもらってます
> 質問なのですがレパルガッサに対してはどのような立ち回りをするのか教えてください

2016/01/22 (Fri) 14:33 | かぎぱん #- | URL | 編集

返信ありがとうございます。
参考にさせていただきます
度々質問申し訳ないのですがh135のゲンガーだと4n+1ではないですがこれは特別気にはなりませんでしたか?
記事にも書いてあるように何かを受ける為ではなく状態異常や鬼火の蓄積ダメージを稼ぐ為に使われるものだと思いますが

2016/01/22 (Fri) 22:39 | 名無しさん #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

4nでなければ身代わりを張れる回数は変わらないので、特に気になりません。
耐久がもう少し欲しいと思うこともありますが、火力も大事にしたいのでCSぶっぱとなってます。


> 返信ありがとうございます。
> 参考にさせていただきます
> 度々質問申し訳ないのですがh135のゲンガーだと4n+1ではないですがこれは特別気にはなりませんでしたか?
> 記事にも書いてあるように何かを受ける為ではなく状態異常や鬼火の蓄積ダメージを稼ぐ為に使われるものだと思いますが

2016/01/23 (Sat) 01:03 | かぎぱん #- | URL | 編集
質問です(長いです)

こんにちは、以前生放送でこの構築をミラーで対戦させていただいたものです。

今期100戦ほど鍵パンさんの上記のパーティーで潜らせてもらっています。
変更点としてレボルトの気合い玉を草結びに
マンダの恩返しを捨て身にしています。

草結びについてはヒトムナット等に気合い玉を打たなくても他でカバーできる、ラッキーが悪だくみ2回10万で確2(威張るは知らん)、
マンムーカバドサイラグの迅速な処理と命中不安をなくすという理由で採用してます。
やはり範囲を取るために気合い玉は必要なのでしょうか?100戦ほどこのパーティで潜りましたが
気合い玉打ちたいと思ったことがほとんどなく、寧ろ草結びで拾った試合のほうが多かったです。
電気はボルトサンダーミトムが多く10万で良く
単電気は他で見れる、ガルもあまり出てこないです。
自分のレート帯のせいかもですが(1700代をうろちょろ)、1900以降とかだと気合い玉を打ちたくなるのでしょうか?

教えてほしいです。長々と質問すいませんでした。

2016/03/11 (Fri) 12:19 | もりたみのる #- | URL | 編集
Re: 質問です(長いです)

ありがとうございます。

僕は草結びを霊獣ボルトに持たせたことがないんで、何とも言い難いですが、答えさせていただきます。

草結びの採用も仰る通り構築上重い起点づくり役に対する処理速度の向上ということで十分価値があると思いますが、僕は積んだ後の抜き性能を重視して気合玉を使っています。

ボーマンダ+ナットレイ+スイクンの並び、クチート+ポリゴン2+ブルンゲルの並び、バンギラス+ラッキー+エアームドorヤドランの"並び"を楽に崩したいので気合玉を採用していますね。

個人的に草結びを採用するならめざ氷を切りたいくらい、気合玉は必要な技だと思っています。

ただ、上記のような並びを別のルートで処理できたり、受け回し構築よりカバルドン展開の方が気になるようでしたら、気合玉を切って草結びでも悪くないと思います。

ちなみにカバルドンやラグラージなどの起点づくり役が初手で出てくることが予想できるなら、ゲンガーを合わせて鬼火身代わり祟り目で処理することが多かったですね。

気合玉に関しては命中不安が勝負を左右することもありますが、気合玉を当てて勝った試合を運勝ちと思うようにしてたくさん試合数重ねればむしろ70%で運勝ちできるので気分がいいですし、気合玉は当たるとスカッとするのでオススメですよ^^

> こんにちは、以前生放送でこの構築をミラーで対戦させていただいたものです。
>
> 今期100戦ほど鍵パンさんの上記のパーティーで潜らせてもらっています。
> 変更点としてレボルトの気合い玉を草結びに
> マンダの恩返しを捨て身にしています。
>
> 草結びについてはヒトムナット等に気合い玉を打たなくても他でカバーできる、ラッキーが悪だくみ2回10万で確2(威張るは知らん)、
> マンムーカバドサイラグの迅速な処理と命中不安をなくすという理由で採用してます。
> やはり範囲を取るために気合い玉は必要なのでしょうか?100戦ほどこのパーティで潜りましたが
> 気合い玉打ちたいと思ったことがほとんどなく、寧ろ草結びで拾った試合のほうが多かったです。
> 電気はボルトサンダーミトムが多く10万で良く
> 単電気は他で見れる、ガルもあまり出てこないです。
> 自分のレート帯のせいかもですが(1700代をうろちょろ)、1900以降とかだと気合い玉を打ちたくなるのでしょうか?
>
> 教えてほしいです。長々と質問すいませんでした。

2016/03/11 (Fri) 13:06 | かぎぱん #- | URL | 編集
ありがとうございます

分かりやすいご回答ありがとうございます。
確かに自分の使い方は壁で積むというよりは
初手クレフを読んでくる相手の出てきそうなポケモンに強い奴を出してアドを取っていくスタイルなので(クレフ読みウルガモス読みホルード等)

壁積み構築というよりは壁クッションサイクル構築
(積みはおまけ)になってる感じはありますね。

もちろん初手クレフでいいならいいのですが、
どうも警戒されているフシが強く交換読みも積極的に行っているという側面があります。

ただ一番勝率が高い選出がクレフゲンガーブシンなので、やはりガルーラいりに安定して勝てるのは大きな強みですね。
 
もっと潜って、煮詰めていきたいと思います。
回答ありがとうございました。

2016/03/11 (Fri) 22:00 | もりたみのる #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。