スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回キツネの社mf 予選スイスドロー20位 本選ベスト16 使用構築と感想

社かぎぱんプレーヤーカード

<経緯>
過去に結果を残した構築のコピーで対戦を重ねることによって、評価の高いポケモンの強さについて自分自身が理解を深めたり、正しい選出や立ち回りを身につけるというアプローチでじっくりポケモン対戦と向き合っていこうと考えた。そこでS2で素晴らしい成績を残した、はくしゃくさんの構築(【S2最高最終2224】テテフカバリザ【1、2位】 -貴族の構築)を使ってみることにした。

レートで試運転している段階で、カプ・コケコとミミッキュの2Z選出が多発してしまったのと、リザードンが初手の地面タイプを呼ぶことが多いと感じたため、カプ・コケコの持ち物をデンキZからシュカの実に変更してキツネの社mfに臨んだ。


<個体詳細>
※カプ・コケコ以外は、はくしゃくさんの構築と同じ

450.pngカバルドン@ゴツゴツメット/砂起し
215(252)-132-187(252+)-*-93(4)-67
地震/怠ける/欠伸/守る

006my.pngリザードン@リザードナイトY/猛火
185(252)-*-113(116)-156(100+)-106(4)-125(36)
火炎放射/オーバーヒート/ソーラービーム/目覚めるパワー氷

786.pngカプ・テテフ@拘りスカーフ/サイコメイカー
145-*-96(4)-200(252+)-135-147(252)
サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/目覚めるパワー炎

778.pngミミッキュ@ゴーストZ/化けの皮
131(4)-156(252+)-100-*-125-148(252)
じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

785.pngカプ・コケコ@シュカの実/エレキメイカー
159(108)-121-109(28)-130(116)-96(4)-200(252+)
10万ボルト/ボルトチェンジ/草結び/目覚めるパワー氷

調整意図
H 16n-1
B A183岩石封じ+地震をシュカの実込み耐え
 砂ダメージ2回+ゴツメダメージ2回+A132地震耐え
C 残り
D 余り
S 最速
(参考: 【シングル単体考察】シュカコケコの調整案 -ガルドは二度斬る

376m.pngメタグロス@メタグロスナイト/クリアボディ
155-187(252)-150-*-111(4)-134(252+)
アイアンヘッド/地震/冷凍パンチ/雷パンチ


<感想>
・カバルドン 選出数7/11
電気の一貫切りと物理受けという2つの大事な役割を担う枠。オフの時は物理アタッカーを受けきって勝つということはなく、どちらかというと削りを入れつつ欠伸で裏につなげるという動きをすることが多かった。積技+Zで崩そうとする動きに対して特に守るという技が有効で、カバルドンに限らず採用されてもいい汎用性があると思った。

・リザードン 選出数4/11
ヒードラン入りのような構築が多かったのと相手のステルスロック警戒で選出機会が少なかった。他のポケモンでナットレイ絡みのサイクルを崩しにくかったのでナットレイ入りには積極的に出していきたいが、先にステロを撒かれてしまうとサイクルが大きく不利になってしまうのが難しいと感じた。

・カプ・テテフ 選出数2/11
選出画面でこのポケモンを一貫させるというビジョンを持ちにくく選出機会に恵まれなかった。リザードンと合わせて今後積極的に選出したい。

・ミミッキュ 選出数6/11
他のポケモンで荒らした後に後発で死に出して剣舞+影打ちで高速アタッカーを縛り、裏の中低速ポケモンをゴーストZで飛ばすという動きが鬼のように強かった。勝ち筋に強く結びつくと感じたため、今後も使っていきたい。

・カプ・コケコ 選出数10/11
ほとんどの試合で先発に出した。シュカの実を持たせることによって地面タイプとの初手対面で相手に「ステルスロックを撒けずに裏の見えていないリザードンを削れない」か「カプ・コケコを突破できず数的有利を取られてしまう」の選択を迫ることが出来た。これによって、こちら目線だとリザードンを出さなくても相手の鋼枠を倒せるが、相手目線だとリザードンが重い構築には有利な試合運びができる。しかし、鋼枠の中でもナットレイに対してはカプ・コケコでもメタグロスでも削り切れないため、リザードンを出さなくてはいけないため、初手地面にステルスロックを撒かれてナットレイバックの動きが非常に辛い。

・メタグロス 選出数4/11
数値受けの突破が困難だったため選出機会は多くなかったが、高水準の耐久、火力、技範囲、素早さを持つポケモンで対面性能の高さを実感できた。メガシンカ前は岩石封じや威嚇で能力で下がらない点や、カプ・コケコのエレキフィールドで雷パンチの威力を上昇させられるのも優秀だった。


<結果>
予選スイスドロー 7勝2敗 20位/227人
本選トーナメント 1勝1敗 ベスト16

選出や立ち回りは未熟で運に助けられた試合もあったが、綺麗に展開できた試合も多く構築の完成度の高さを実感した。また、各ポケモンの単体性能についての理解も進んだと思うので、今後につなげていきたい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。