スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【真皇杯関西1使用構築】カバナットチャーレム【ベスト40】

kansai1card.jpg


<構築コンセプトと採用経緯>
"カバルドン・ナットレイのスリップダメージによりメガチャーレムの先制技圏内に押し込み一貫を作る"

メガチャーレムが苦手なギルガルドやクレセリア絡みの構築に刺していくゴーストZミミッキュを4枠目に採用。さらに補完として、ここまでで止めにくい相手のギャラドスやボーマンダに対するストッパーとなるスカーフカプ・コケコと、ヤミラミヌケニン入りなどチャーレムでは崩せない受け構築を崩せるメガボーマンダを採用した。


<個体詳細と簡易解説>

Pokémonsprite_308m1_XY
チャーレム@チャーレムナイト/ヨガパワー
陽気 135-112(252)-95-*-96(4)-145(252)
猫騙し/飛び膝蹴り/思念の頭突き/バレットパンチ

この構築の始点。カバルドンやテッカグヤといった高耐久を半分以上削る火力の鬼。タイプ上ミミッキュに大きく不利を取るように見えるが、バレットパンチで無振りミミッキュを7割以上削れるため、裏で皮を剥がして削れば処理が可能。選出時の圧力が大きく、選出しない時でも相手の選出を絞りやすかった。


salamence-mega.gif
メガボーマンダ@ボーマンダナイト/威嚇
意地っ張り 171(4)-205(252)-100-117-100-152(252)
恩返し/火炎放射/身代わり/竜の舞

汎用性の高い裏エース。(参考:シーズン3使用構築 最終2127 24位 - Indignant Divinity
メタ対象としていた受け構築とは当たらなかったものの、単純にスペックが高く、カバナットとの相性も良かった。


hippowdon.gif
カバルドン@ゴツゴツメット/砂起し
腕白 215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67
地震/氷の牙/毒々/怠ける

電気の一貫切り兼物理受け。メガボーマンダに打つ氷の牙、猫騙しとシナジーがある毒々。砂も含めての削り性能は非常に優秀だった。


598.gif
ナットレイ@食べ残し/鉄の棘
呑気 181(252)-114-201(252)-*-137(4)-22
ジャイロボール/宿り木の種/毒々/守る

チャーレムが苦手とするカプ・コケコやカプ・テテフ、カバルドンが苦手とする水タイプに対する駒。高い耐久から宿り木や毒々で削り、チャーレムの猫騙しに繋ぐ。技の確認、Z技透かしに使える守るという技を自然に採用できる点で優秀だった。


Pokémonsprite_785_SoMo
カプ・コケコ@拘りスカーフ
臆病 145-121-105-147(252)-96(4)-200(252)
10万ボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ/蜻蛉返り

ストッパーとしての役割に加え、メガゲンガーとの同速を回避できる拘りスカーフ。構成については特殊型のテンプレ。


Pokémonsprite_778_SoMo
ミミッキュ@ゴーストZ
意地っ張り 131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)
じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

格闘技を抑えてくるエスパーやゴーストに刺すゴースト。ゴーストが通らないノーマルにはチャーレムが強く圧力をかけられるため、格闘+ミミッキュの並びは優秀だと再認識した。


<結果と感想>
真皇杯関西予選1 じめんブロック 6勝3敗 2位抜け
トーナメント1回戦負け ベスト40

選出率
チャーレム 4/10
ボーマンダ 4/10
カバルドン 9/10
ナットレイ 6/10
カプ・コケコ 4/10
ミミッキュ 3/10

チャーレムで圧力をかけつつ、サイクルを回せそうな相手に対してスリップダメージで削りつつ先制技圏内に押し込むというコンセプトを何試合か再現できた。また、カバルドン、ナットレイの両方を物理受けとして採用したことにより、ガブリアス等の地面タイプによる役割集中に対して抗えた点も良かった。
しかし、チャーレムの耐久の低さゆえにサイクル参加ができず、チャーレムの一番の魅力である高火力一致技を打つ機会がほとんどなかったため、さらにポテンシャルを引き出すためには後攻ボルトチェンジ、蜻蛉返りといった対面操作技を組み込む必要があると感じた。


対戦してくださった方々、絡んでくださった方々、そして運営の方々、ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。